越前岬

会社概要

ネット販売開始

以前より、多くのお客様からのご要望がありましたネット販売を開始します。

今後、商品も少しずつ充実させていきます。ご来店お待ちしております。


・越前岬蔵元直送便
http://xc528.eccart.jp/u863/

大吟醸 吟の雫「干支ボトル」 発売中

11.jpg
来年の干支である猛牛の勇ましく突き進む様を彫刻したボトルに、大吟醸「吟の雫」を詰めた限定商品です。御歳暮やお正月を迎える一本におススメです。

商品名: 越前岬大吟醸「吟の雫」 干支ボトル 720ml木箱入  7,350円(税込)


0926eto1.jpg
こちらは、今年の一升瓶の干支ラベルです。
福井市の色鉛筆画家・多田くにお様に猛牛の勇ましい様子を鉛筆画にして頂きました。

商品名: 越前岬蔵出し本醸造 干支ラベル 1800mlカートン入  2,100円(税込)

※.他の商品と詰め合わせにして、5000円のギフトセットも販売しております。

九頭竜フェスティバル2008

6月1日(日)、地元永平寺町松岡地区に初夏を告げる「九頭竜フェスティバル」が河川公園にて開催され、多くの方で賑わいました。
039.jpg
清流の町「松岡」ならではのメインイベント「いかだ流し」には、13チームがエントリー。ゴミの分別をPRするものなど、それぞれのチームが趣向を凝らしていました。
川の流れは思ったより早く、参加者達は大変そう・・・
041.jpg
我々は、商工会青年部として、「わくわくトレイン」で子供達を河川公園1周ドライブ。。1回100円。大人気でした。その他、鮎のつかみ取りや夜の花火などで、多くの方に1日楽しんで頂きました。

松岡の水というのは、霊峰白山の雪解け水が、山間部から奥越を流れ、最後に辿り着く場所と言われています。それと同じように、福井県の蔵元もこの九頭竜川に沿って多く存在しています。今は、2件になってしまった松岡の酒蔵も、戦前には17蔵も存在していたそうです。そして、これから、この九頭竜川下流域では多くの鮎釣り客で賑わいます。


新しいお便り

カテゴリー

昔のお便り