越前岬

会社概要

出張報告 その2 千葉

21日、22日と千葉県で蔵元囲む会を3つ行いました。

まず、21日は幕張にある「越中懐古」という富山料理をメインにしたお店で行いました。

この会では、6種類のお酒を出品しました。
その中でも、純吟の中取り生原酒やおり酒といった味のしっかりしたお酒が好評でした。
また、料理も大変おいしくお刺身や脂ののったブリしゃぶが特に最高でした[emoji:v-218]



22日は、昼に小田商店さんのサロンで「越前岬を楽しむ会」を開きました。
お店での会はこれで3回目になります。
小田社長は毎年、蔵元にもお越しになるほど、とても熱心な方で、
自分の確たるビジョンを持ち行動されているので私自身学ぶ面が多い方です。

P1010332_convert_20111028183220.jpg


今回は、過去2回と違い特にテーマを決めずフリートークで参加者の日本酒に対する
疑問・質問に答えるという感じで行いました。

答えるのに難しい質問も多く大変でした・・・
この会を通じて、自分は、当然消費者もわかっているだろうと思ってたことでも
実際は、そうではないんだと知る良い機会になりました。
もっと消費者側の立場に立ち、日本酒を伝えていかないといけないと思いました。


P1010333_convert_20111028183413.jpg




その夜は、蘇我にある「蛙人。」(ケロット。)で蔵元囲む会を行いました。
当日お店は貸切で大勢の人にご参加いただきました。

この会では5種類のお酒を出品し、希望者には、お燗もつけました。
そこで、私の好きな「吟の雫」のひと肌燗も飲んでもらいました。

幅広い年代の方が集まり、皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。
最後には、越前岬の前掛けを賭けたじゃんけん大会をして盛り上がりました[emoji:v-352]


3つの蔵元囲む会を通していろいろなご意見・ご感想を聴くことができ実りある2日間になりました。

関連する記事

新しいお便り

カテゴリー

昔のお便り