越前岬

会社概要

蔵に戻ってきた兄弟 第2話

「弟が、実家に戻って酒造りを始めた・・・」
そんな話を親から聞かされた時、私は大手酒造メーカーに就職して5年目。
営業支社の名古屋でも重要な量販チェーンを担当させてもらえるようになり、
仕事にやりがいを感じ、とても充実していました。

ところが、盆に帰省した時、弟は南部杜氏講習会や研究所の合宿など
酒造りの第一歩を確実に歩み始めていました。
明らかに、成長している・・・その時、実感しました。
私の知らない専門的なことも知っていて、その時「焦り」のようなものを感じたのも
覚えています。
兄弟というのは時に、そういうところで意識し合うところがあるというか・・・
その「焦り」はこの年ずっと持ち続けていたように思います。

そして、弟に遅れること1年、2005年春に私も実家の酒造りに携わることになったのです。
両親は、私達兄弟がこうして2人共酒造りに携わる事は無いと思っていたようで、
とても驚いていましたが、嬉しそうな感じでした。
少しは、こうなることを期待していたのかも知れませんねわ

私が、小学2年の時から20年間、冬になると岩手から毎年来てくれる鷹木杜氏も70歳を
過ぎていました。
その年の冬、鷹木杜氏が「2人と酒造りができる日が来て、本当に嬉しい」と言ってくれた
言葉が今でも印象的です。。。
1.8ml蔵出し越前岬 コピー



新しいお便り

カテゴリー

昔のお便り